読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーにエンドなんて必要ないで

そこら辺にいる大学生のブログ

キングコング西野の『えんとつ町のプぺル』読んで。価格2000円の本を0円で公開!!

みなさんこんにちは!!エースです。

「えんとつ町のプペル」無料で公式公開!!

ニュースを見て知り、すぐに読んだエースです笑

0円ほど人々の行動を促すものはないですよね。

彼自身も「100万部売れることより、1000万人が知っていることの方が価値がある」と言っています。

でも勇気のいる決断ではありますよね。

2000円を払って買おうと思っていた人が、0円で本の内容を知れるわけですから。。。
そこで満足して買われなければ売り上げは0です。

もし、気に入ったなら実際にお金を払って本を手に入れますが。。。

まずは前提として、Amazonで絵本部門で1位を獲得するくらい人気のある本でした。

制作に4年半を費やしたという話からも、かなりの本気度ですよね。

世間に伝えたいことがあるとはいえ、本が売れなければ意味ないですよね。

この本を無料公開するに至ったのは「2000円の絵本は、子供が、子供の意思で手を出すことができない」という声を耳にしたからです。

この状況に直面して、西野さんが思ったことは「お金という壁があるために、手に入れたくても手に入れられないのならば、お金を取っ払ってしまえ」ということです。

前々から変な考え方してるなーっては思っていましたが、さすがですね笑笑


この下からは、本をよんでから進めてください。







感想

煙によっておおわれた町「えんとつ町」。
そこに住む人は、青い空さえ知らず、星も知らない。
そもそも「空」という概念がない。
そんな町にあらわれたゴミ人間と、町の少年のプペルは、空を見上げるため非難される。
夢を語れば笑われ、行動すれば叩かれる、現代社会の風刺。


「夢を持つこと」「行動してみること」

という、当たり前の大事なことを忘れた大人たちの社会の中で、その大切さを思い出させてくれる本です。

とにかく絵がきれいですね。

最後の締め方もうまいですし、ふつうに感動しました。

昔は「絵本」と言えば子供が見る本でした。

しかし最近は「大人のための絵本」が出てきました。

この本も「大人も読むべき絵本」です。

価格からも予想がつきますが、現代社会に埋もれ、「夢をみること」をあきらめた大人たちに向けたメッセージかなと。。

非常にいい絵本でした。

みなさんもぜひ読んでみてください。