読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーにエンドなんて必要ないで

そこら辺にいる大学生のブログ

ONEPIECE 2話考察

みなさんこんにちは!!エースです

ナレーション

とある島

アルビダ

何だいこのホコリは

アルビダ海賊団船員

も・・・も!!申し訳ありません!!
アルビダ様
船は隅から隅まで掃除したつもりでしたが
も・・もう一度やり直しますので・・ど・・どうか

アルビダ

どうか・・なんだい?

アルビダ海賊団船員

どうか金棒だけは
いやだ死にたくないー

アルビダ

コビー!
この海で一番美しいものは何だい?

コビー

え・・・えへへへ
もちろんそれは
レディ!アルビダさまです!
えへへへへ

アルビダ

そうさ!
だからアタシは汚いものが大嫌いなのさ
美しいアタシが乗る船も美しくなきゃねェ!そうだろう?
お前にはどういう訳か
人一倍海の知識があるから、生かしておいてやってるんだ

コビー

は・・はい。ありがとうございます

アルビダ

それ以外は能がないんだからとっとと
クツを磨きな!

コビー

は・・はい、すぐに!

アルビダ

ホコリ一つ残すんじゃないよ!
お前達!!

アルビダ海賊団船員

へ・・へい!

アルビダ

もういいよ!グズだねお前は

コビー

え・・・えへへへへ
す・・すみません

アルビダ

謝ってるヒマあったら、便所でも掃除してきな!!

コビー

えへへ
はいすぐに!アルビダ様!
すぐに・・・・・・

シャンクス達が最初に出てきた海賊で、2番目にアルビダ海賊を登場させるあたりが、ルフィの海賊のイメージを返させているんですかね。。。真逆ですよね。


場面変わる

アルビダ海賊団船員

なに、酒樽が海岸に流れてきただと?
雑用コビー

コビー

は・・はい
まだ中身は入ってるようなのでどうしたらいいでしょうか

アルビダ海賊団船員

そりゃいい
おれ達で飲んじまおう!

しかし兄弟!もしお頭にバレたらおれ達ァ

なァにバレやしねェよ!!
この事を知ってんのは酒蔵掃除のおれらとヘッポココビーの4人だけだ

それもそうだな

わかってんなコビー・・

コビー

は・・はい。もちろん!
ぼ・・ぼくはなにも見てません!えへへへ!
だから、なぐらないでく・・・


樽からルフィが出てくる

ルフィ

あーーっ!!

アルビダ海賊団船員

ぬあ!何だ!

ルフィ

よく寝たーーっ!!!
何とか助かったみたいだなァ
目ェまわって死ぬとか思ったよ!!
はっはっはっは!!
ん??
だれだお前は

アルビダ海賊団船員

てめェが誰だ!!!
一体どういう状況で樽から人間が出てくんだ?

アルビダ

さぼってんじゃないよ!

お前達!この海で一番美しいものは何だい?

アルビダ海賊団船員

アルビダ様っ!
も・・勿論、レディーアルビダ様でございます

アルビダ

そうだよ
そのアタシにたてつこうってのかい?

アルビダ海賊団

え・・・?え?
と・・・とんでもない
何の事だか・・・

アルビダ

とぼけんじゃないよ!
船まで聞こえる大声で
「よく寝た」って叫びやがったのはどいつだい??

アルビダ海賊団船員

は!
そ・・そうだ!お頭!侵入者です
そう!今コビーの野郎が変なヤツを連れて来やがって

アルビダ

何?
まさかアタシの首を狙った賞金稼ぎじゃないだろうねェ!!

アルビダ海賊団船員

しかしこの辺りで名を聞く賞金稼ぎといやあ

バカな!あの男は今、海軍に捕まってると聞いたぞ!

アルビダ

本物なら逃げ出すくらいわけないさ
あの悪名高いロロノア・ゾロならね

コビー

あの大丈夫ですか?ケガは?
ずいぶん吹き飛ばされちゃいましたけど

ルフィ

はははは
ああ大丈夫、なんかびっくりしたけどな
おれはルフィここどこだ?

コビー

この海岸は海賊、金棒のアルビダ様の休息地です
ぼくはその海賊船の雑用係、コビーといいます

ルフィ

ふーん。そうか
実はどうでといいんだけどなそんなこと

コビー

はあ・・

ルフィ

小舟とかねェかなおれのやつ渦巻にのまれちゃって

コビー

渦巻??
渦巻きに遭ったんですか

ルフィ

あーあれは
びっくりしたよまじで

コビー

ふつう死ぬんですけどね
こ・・小舟ならない事もないですが

ルフィ

なんだこりゃ
棺桶か?

コビー

一応・・船です
ぼくが造った船です!
2年かかってコツコツと・・

ルフィ

2年かけて?で・・いらねェの?

コビー

はい・・いりません。この船はここから逃げ出したくて造ったんですが
結局、僕にはそんな勇気ないし・・どうせ一生雑用の運命なんです
一応・・本当はやりたい事もあるんですけど

ルフィ

じゃ逃げればいいじゃねェか
これで

コビー

ム・ムリですよ、ムリムリ
もしアルビダ様に見つかったらって考えると足がすくんで・・・
そう・・あれが運命の日でした
ぼくは、ただ、釣りに行こうとしただけなのに。
間違って乗り込んでしまったのがなんと海賊船!!!
あれから2年。殺さないかわりに航海士兼雑用係として働けと!

ルフィ

お前ドジでバカだなーっ
そのうえ根性なさそうだしなー
おれお前キライだなー

コビー

え・・・えへえへえへへへへへ
でもその通りです。
ぼくにもタルで海を漂流するくらいの度胸があれば
・・あの、ルフィさんはそこまでして海に出て何をするんですか?

ルフィ

おれはさ海賊王になるんだ!!

コビー

え・・か!か!海賊王ってゆうのはこの世の全てを手に入れた者の称号ですよ?
つまり富と名声と力とひとつなぎの大秘宝・・あの
ワンピースを目指すってことですよ?
死にますよ?世界中ほ海賊がその宝を狙ってるんです

ルフィ

おれも狙う

コビー

ム・・ムリですよ
絶対無理!!
ムリムリムリ
無理に決まってますよ!
海賊王なんてこの大海賊時代の頂点にたつなんて、できるわけないですよ!ムリムリっ!!

痛い!どうして殴るんですか!!

ルフィ

なんとなくだ

コビー

でも、いいや、慣れてるから
えへへへへ

ルフィ

おれは死んでもいいんだ!

コビー

え?

ルフィ

おれがなるって決めたんだから、その為に戦って死ぬんなら別にいい

コビー

(なんてすごい覚悟なんだろう)
死んでもいい??

ルフィ

それに、おれはやれそうな気がするんだけどなー
やっぱ難しいのかなー

コビー

(考えた事もなかった)
ぼくにもやれるでしょうか??

ルフィ

ん?何が?

コビー

ぼくでも、海軍に入れるでしょうか!!

ルフィ

海軍?

コビー

ルフィさんとは敵ですけど、海軍に入って、えらくなって悪いやつを取りしまるのがぼくの夢なんです!小さい頃からの!!
やれるでしょうか!

ルフィ

そんなの知らねェよ!

コビー

いえ!やりますよ!
どうせここまま雑用で一生を終えるくらいなら
海軍に入る為に命を賭けてここから逃げ出すんです!
そしてアルビダ様、アルビダだって捕まえてやるんです!

アルビダ

誰を捕まえるって?コビー

コビー

僕の船・・・

アルビダ

このアタシから逃げられると思ってんのかい?
そいつかい?お前の雇った賞金稼ぎってのは、ロロノア・ゾロじゃなさそうだねェ
最期にきいてやろうか
この海で一番美しいものは何だい?

コビー

え・・・
えへへ
そ・・それは勿論

ルフィ

誰だこのイカツイおばさん

アルビダ海賊団船員

こいつ・・・なんてことを

コビー

ルフィさん訂正して下さい!
この方は海で一番・・
一番・・・
(おれがなるって決めたんだ、だからそれで戦って死ぬんなら別にいい)
一番イカついクソばばあですっ!!

は!

この時の描写が、頂上戦争のコビーが叫んだシーンと重なります。
権力に抗おうとする姿。自分の本心を伝える姿。
これからどこまで階級が上がっていくのか楽しみですね。
あの3つの席に座れる日がくるんですかねー。。。

ルフィ

あっはっはっははっはっ!

アルビダ

このガキャーっ!

コビー

(くいはない!くいはない!僕は言ったんだ!戦った!夢の為にれ戦ったんだ!
ッアアアーーーっ!!

ルフィ

よく言った!さがってなコビー

コビー

ル・・ルフィさん!!

アルビダ

同じ事さ!2人共・・・生かしちゃおかないよ!!

ルフィ

効かないねえっ!
ゴムだから

アルビダ

バ・・・そんなバカな!!アタシの金棒が

アルビダ海賊団船員

うそだろォーーーっ!!!

ルフィ

ゴムゴムの銃(ピストル)


ぶっ倒す

アルビダ海賊団船員

手が・・・手がのびたぞ!!
お頭!!!アルビダ様が負けた!!化物だ!!

ルフィ

コビーに一隻小舟をやれ!
こいつは海軍に入るんだ!!黙って行かせろ

アルビダ海賊団船員

は・・はい

ルフィ

しししし!

コビー

ルフィさん・・・・
あこゴムゴムの実を食べただなんて驚きました
でもルフィさん。ワンピースを目指すって事は、あの、偉大なる航路(グランドライン)へ入るって事ですよね!!

ルフィ

ああ

コビー

あそこは海賊の墓場とも呼ばれる場所で・・

ルフィ

うん、だから強い仲間が要るんだ
これからお前が行く海軍基地に捕まってる奴

コビー

ああ、ロロノア・ゾロですか?

ルフィ

いい奴だったら仲間にしようと思って!

コビー

えーーっ!またムチャな事をぉーっ!
ムリですよ
ムリムリムリ
あいつはまじゅうのようなやつをなんですよ?

ルフィ

そんなのわからないだろ

コビー

ムリっ!

噂話の怖い力ですよね。
どんどん規模がでかくなって、最終的には事実とは異なる場合がほとんどですよね笑

ナレーション

船はゆく
海軍基地へ