読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーにエンドなんて必要ないで

そこら辺にいる大学生のブログ

DIY初心者におすすめする「ディアウォール」について

こんにちは!エースです!!


東京都心で11月に初雪を観測するのは54年ぶりらしいですね!!

平年より初雪観測する地域が多いですよねー

私の出身地も二週間くらい早く初雪が降ったようです。

スタッドレスタイヤ装着していなくて、大変な目にあった方が知り合いにいました笑

天気予報が雪マークを出したら、信じてタイヤを変えましょう笑

これから、自転車も使えなくなっていきますね。。。

交通手段が徒歩メインになるのがつらいです。

車ほしいと最近思っているんですが、お金がなー、、、

私車が好きなので、乗れればいいっていう人ではないんですよ笑

お金ないのにね笑

買ったら整備記事を書いていきたいですねー。。


本題に入ります!

みなさん、DIY好きですか??

やってみたいけど、難しそうと思っているあなた!!!

めっちゃ簡単に棚が作れますよ!!

どうして、DIYしようかと思ったのかの経緯について簡単に説明します。

部屋狭いし収納も少ない

収納の家具を買おうか物色(部屋が狭いので壁面収納を中心に)

気に入るものが見つからない(交通手段がないため、買い物は基本ネットです笑)

あるサイトでDIYで壁面収納をつくっている方を発見

自分でも作れるんじゃない?

作成

こんな感じです笑

・賃貸だから、壁傷つけられないからDIYしたいけどできないなー。
・部屋が狭くて困っている。
・長期休暇に何かをしてみたい。

上の3つの内、1つでも当てはまったら作ってみましょう!

私も完全な素人でした笑

寸法から、何がどれくらい必要なのか作戦を練りました。

初めてだったので、かなり手間取りましたがしっかりとできました!

使ったものを紹介していきます!(ネットで買ったものとホームセンターで買ったものがあります)

ディアウォール

こちらは、木材と組み合わせて使うことでをつくることができます!

かなり頑丈です。ビス打ち放題ですよ笑

ホームセンターでも売っていますが、Amazonの方が少し安いです。

棚を作る場合は、ディアウォール(2つ入り)×2が必要です。

ツーバイフォー材(2×4)

こちらが「壁」となる木材です。

長さについては、設置したい高さの40㎜がぴったりですよ!

ホームセンターで売っています。私はホームセンターで買いました。
木材に関しては、ネットで買うと送料がかかてしまうため、ホームセンターのほうが安く済みます。

木材を加工して、塗装したり、ワックスを塗ったりすると、部屋の雰囲気を壊さずに済みます。

こういった作業がDIYの醍醐味ですよ!!自分がやりたいように作れるので、まぁー失敗も多いんですがね笑

でも、本当に楽しいです!


以上の2つが絶対に必要となります。
後は、そこにビスを打って、そのまま使っても良し!棚板を設置して棚にするのも良し!壁面収納としてテレビなどを置くものにするのも良し!
扉にしたり、クローゼットにしたり、キッチン周りに設置しても良し!!!

本当にどこにでも設置できるのでなんにでもなります笑


続けます!

棚板・棚受け

ものを置く場所になります。
私は棚板はホワイトウッド。棚受けは、L型金具を使いました。
棚板に関しては、種類が他にもあるのですが、ホワイトウッドは初心者向けということで購入しました。

棚受けは、他にもステンレス製のものがありますが、費用の面から、L型の方を購入しました。
ステンレス製のものと比べて、支えることのできる面積が狭いので耐久面で不安です。
ですので、ステンレス製のしっかりとした棚受けを買うべきです!

棚づくりの費用は、この棚受けの料金に左右されます。
でかい棚板を買うと、大きい棚受けが必要となります。一番高い(私が行ったホームセンターのなかで)棚受けは240mmが1個900円なので、棚板1枚(奥行き286mm 幅910mm)につき1800円かかります。
私の場合は棚受けが、ステンレス製の3分の1くらいの値段でした笑

棚を1つつくるのに(棚板が5枚程度)1万円前後かかります。
棚板の大きさ、棚受けの種類にもよりますが。。。


電動ドリル

これは必須です。これからもDIYしていくならば1台持っておくべきです。
そんなに高いものを買う必要はないと思います。
私もリンク先のものを買い(たぶん1番安い)満足しています。

賃貸アパートに住んでいるため、音がそれなりにするので、苦情がこないかだけが心配でした笑

その他
  • ビス:ビスは必要な分をホームセンターで購入。棚板の厚みより、短いものを買わないと貫通しますのでご注意!!
  • ドリルの刃:ビスを打つ前に、穴の位置をマークしドリルで穴をあけます。これはやったほうがいいです。ビスが曲がったりしないようにします。
  • 紙やすり:木材の表面をなめらかにするため
  • ワトコオイル:なくてもいいですが見た目がかなり良くなります(手触りも)

興味がある方はぜひチャレンジしてみてください!!