ハッピーにエンドなんて必要ないで

そこら辺にいる大学生のブログ

倉崎憲さんを知っていますか?

こんにちは!エースです!


先日、大学のある講義に倉崎憲さんが招かれました。

私は知りませんでしたが、何人かの友人は彼を知っていました。

さらに、教室には彼の話を聞こうと履修登録をしていない学生もいて教室が満席状態でした。

結構有名な方なんだというのが第一印象です。

まずは、彼のキャリアを簡単に紹介します。(倉崎さんのブログと講義内容を参考にしています。)


彼は京都にある大学に通い、4つのサークル(全部球技)を兼任して生活していました。

いわゆる、大学生を楽しんでいる状態ですね。

しかし、1年生の後期あたりから虚無感に襲われたそうです。

なにやってるんだろう、大学にきてまですることじゃないよな、という。。

それである日海外に行こう!と決意し、※ラオスラオス人民民主共和国)に行きました。

行こうと思って、すぐに行動に移せる彼がうらやましいです笑


※東南アジアのインドシナ半島に位置する。人口約691万人。面積は日本の約63%に相当。
北は中国。東はベトナム。南はカンボジア、タイ。西はミャンマーと国境を接する内陸国

それで現地の人と触れ合う中で、学校をつくろうと決心します。

150万円あれば建設できることをしり、そのグループを作って、資金集めに取り掛かります。

詳しくは講義中に語ってはくれませんでしたが(時間の都合上)、バンドなどで活動して資金を集めていたそうです。

学生の、反対はされなかったのですか?(なんで海外なの?ラオスなの?小学校なの?など)という質問に対して彼は答えました。


もちろんされました。でも、なんでラオスに小学校だったのかは、偶然。

偶然行った、ラオスでそこの人たちのことが好きになったから。

そこでもし、カンボジアとか他の所に行ってて、好きになったら、そこに小学校を建てようと思った。

もちろん、日本でも困っている人はいます。海外でも。

問題もたくさんあります。地雷、エイズ、食料不足、衛星管理。

挙げようと思ったらたくさんある。

学生の私では、世界を変えることはできないけど、小さいがやれることはある。

それが小学校だった。

だいたいこんな感じで答えていました。

小学校ができて、子供たちのうれしそうに授業を受けている姿を見たときの気持ちは、言葉では表せないほどだったそうです。

そういう貴重な経験は、行動した人にしか味わえないもの。

だから、より旅をすることが好きになったそうです。

大学生で小学校を建てる。この発想が本当にすごいですよね。

話を聞いてて、この人とは次元が違うなぁーって思ってしまいました。


また、彼は大学在学中に世界一周をしています。

150万あれば、一周できるようです。

小学校建設費と同じぐらいで一周できることに驚いたそうです。

でもそんなお金は持っていないため、お金を集める方法を探していたとき、あるテレビ番組を見て実行に移します。

そのテレビ番組の内容を説明します。

  • 夢を持った若者がいます(カフェを経営したい、パン屋を経営したい、など)

  • 若者が複数の社長に向けてプレゼンテーションします(なぜその夢を実現したいのか、それにかかる費用の内訳、など)

  • プレゼンを受け、それぞれの社長がその人に出せるお金(投資できるお金)を掲示して、その合計金額が、ある一定額を超えた場合社長からお金がもらえる(投資をしてもらえる)というシステム。


この番組の内容を個人でします。

彼の友人で、このようなことをやっている人がいるためできました。

世の中、いい人たくさんいるんですよ。返さなくていいから、とお金を出してくれた方々がほとんどだそうです。

「自分は家庭があるため、もう世界を見て回ることはできない、若いあなたの目で見てきたことを発信してほしい」といってくださった社長もいるそうです。

かっこいいですよね笑

倉崎さんは、お金をコツコツお金を返しているそうです。笑


そんなこんなで世界一周旅行に行く倉崎さん。

なんですが、、長くなりそうですので2つに分けて書きます!

彼の話は、私にとって影響が大きいので、省かないでしっかり残しておきたいので。。